本文へスキップ

いびき-睡眠時無呼吸症候群SAS│耳鼻咽喉科たかじょうクリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.093-871-6133

福岡県北九州市戸畑区天神1-12-6

いびき-睡眠時無呼吸症候群 SAS

 

快適な睡眠を手に入れましょう。

いびき 睡眠時無呼吸症候群SASのイメージ図

いびきは当の本人は全く気づかず、周りの人いとっては大迷惑です。
家族の方から「いびきがうるさくて寝不足だ」と言われた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
その多くの人が睡眠中に何十回も無呼吸をくり返す、「睡眠時無呼吸症候群SAS」であることが分かっています。
放っておくと、高血圧、心疾患、脳血管障害を引きおこす可能性があります。

睡眠測定機器

簡易睡眠ポリグラフィ(上記の検査機器)を使って、睡眠中の呼吸気流、酸素飽和度、呼吸運動、体位、脈拍などを測定、記録します。

大人の場合 睡眠時無呼吸症候群 受診の流れ

 
  1. 診察     

    アンケート調査。ファイバースコープで、ノドの奥に息がつまる原因がないか調べます。

  2. 自宅での検査

    上記の測定機器を宅急便でご自宅に郵送致します。一晩、機器を装着して検査を行います。

  3. 着払いで送り返していただきます。         

  4. コンピューター解析を行い、後日、報告させていただきます。         

  5. 中等症の方はより精密な判定をする為、総合病院で、終夜睡眠ポリグラフィーと呼ばれる検査(1泊入院)を受けていただき、必要に応じてCPAP療法を行います。
CPAP治療レンタル機器       

患者様毎にサイズなど微調整を行ったあと、お貸致します。保険適応となりますが、毎月1回の外来受診が必要となり、費用については3割負担の方で、1月当たり、約5,000円(CPAP治療機器のレンタル使用料分)となります。

       

いびき治療には、CPAPの他に、手術療法、マウスピース療法(専門の歯科を紹介します)、ダイエット療法があります。


お子様の場合 睡眠時無呼吸症候群 受診の流れ

※子供の場合でも睡眠時無呼吸症候群はあります。
原因の多くは、口蓋扁桃肥大、アデノイド増殖症で、空気の通りが悪くなり、呼吸に伴って発生する雑音です。アレルギー性鼻炎や、副鼻腔炎の鼻づまりのある子供でもいびきはあります。
放っておくと 成長ホルモンの分泌低下に伴う成長障害、精神面での発達の遅れ、学習障害、集中力低下、多動症になりやすいです。

  1. 問診     

    保護者に本人のいびき、睡眠時の無呼吸の有無を確かめます。
    扁桃腺が大きいと食べるスピードが遅くなるので、食事時間が長くないか、睡眠中の陥凹呼吸(みぞおちがへこむような呼吸)の有無他聞きます。

  2. 診察

    ノドの状態を確認し、扁桃腺、アデノイドの大きさのチェックをします。
    問診での、家庭の状況とノドの所見を総合して睡眠時無呼吸症候群と診断します。

  3. 治療         

    ① 扁桃腺、アデノイドが原因と考えられる場合は、外科的に切除します。
    ② アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎で鼻づまりのある場合は薬物治療を行います。
    ※睡眠状態をスマホで動画撮影持参のうえ、医師に相談されることをお勧めします。


初診・再診の方 予約受付のご案内

再診ネット予約

初診ネット予約