本文へスキップ

のどの病気-咳喘息とは│耳鼻咽喉科たかじょうクリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.093-871-6133

福岡県北九州市戸畑区天神1-12-6

のどの病気-咳喘息とは

       

咳喘息のイメージ画像

急に起こる激しい咳のほとんどはウイルスや細菌による感染症がほとんどです。
大体2~3週間以内に治まることが多いのですが、3週間以上喘息程激しくなく、コンコンといっただけの咳が続く場合は、咳喘息の可能性が高いです。


こんな症状の方は要注意

  • 咳が3週間以上続く(特に夜中~朝方にかけて)症状は乾いた咳のみ
  • 季節性がある
  • 胸のレントゲンも聴診音も異常がない
  • ゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴や、呼吸困難がない
  • アレルギーの原因でおこることが多い(ダニとか花粉など)
  • タンを伴わない
  • 発熱もない
  • 市販の咳止めでは効かない
  • 放置すると、気管支喘息を引き起こす

咳喘息の原因説明

気道の炎症によりわずかな刺激反応して、気道が収縮しておこる。


咳喘息はこの様に治療します

抗アレルギー剤、気管支拡張剤、ステロイド(吸入液)

質問Q1:咳が止まらなくて困っています。どうしたらいいですか?
回答耳鼻科は主に上気道(ノド)を中心に治療をしますが、鼻が原因となっていることも多く、鼻の治療をすると割と早く改善することもありますが、3週間以上続く咳は、咳喘息の可能性もあります。
その場合は、内科での胸部X-Pをお勧めします。


初診・再診の方 予約受付のご案内

再診ネット予約

初診ネット予約