本文へスキップ

のどの病気-咳喘息とは│耳鼻咽喉科たかじょうクリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.093-871-6133

福岡県北九州市戸畑区天神1-12-6

のどの病気-喘息・咳喘息とは

       

咳喘息のイメージ画像

気管支喘息は、慢性的に気道に炎症がおこっており、それが原因で気道が狭くなり、咳や息苦しさをくり返す病気です。


呼気一酸化窒素検査とは

喘息の患者さんの気道には炎症があり、炎症性の刺激により、大量の一酸化窒素が量産されています。その為、呼気中の一酸化窒素濃度を測定することで、喘息の診断をする検査です。

一酸化窒素ガス分析装置

隠れ喘息とは

「風邪はとっくに治ったはずなのに、咳だけがいっこうに治まらない」「夜、ひどい咳が出て眠れない」「最近、胸が重苦しく感じるようになってきた」といった「本当は喘息を患っているのに、それを放置している」人たちのことを指します。喘息全体の30~40%を占めているともいわれています。

普通の咳と喘息の咳とのちがい

 風邪の咳喘息の咳
どの位 続くか3週間以内1~2ヶ月
いつ咳がでるか1日中深夜~明け方にかけて
ひどく咳がでて目覚める
どこででるか特定の場所
(人ごみ、会話、寒暖の差)

喘息と咳喘息

(共通点)

  • 発作時に激しい咳が出る
  • 夜中に~明け方にかけて激しい咳がでる
  • 種々のアレルゲン、寒暖の差、タバコの煙、他人の香水の香り、長話などが誘因となる。
  • 市販の咳止めでは治らない
  • 気管支拡張薬、吸入ステロイド薬でいったん症状は治まる

(相違点)

  • 咳喘息では「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という喘息はない
  • 咳喘息では息苦しいなどの呼吸困難はない
  • 咳喘息ではほとんど痰はからまない
  • 咳喘息では1~2ヶ月の薬物治療で症状は治まる

非常に似ている症状の多い両者ですが、咳喘息の段階で治療を継続すれば 気管支喘息に移行せずにすみます。 その為に、呼気一酸化窒素検査を行います。

一酸化窒素検査の目的

  1. 喘息の疑い(かくれ喘息の可能性)のある方の診断のため
  2. 舌下免疫療法(シダキュア、ミティキュア)を希望される方の適応

    →喘息の疑いがあると、アナフィラキシーショックをおこしやすい為、治療を受けられません

  3. 喘息の治療効果、経過をみる為に行います

一酸化窒素検査の仕方

  1. 思いっきり息を吐き出す
  2. 専用のマウスピースをくわえて、大きく息を吸い込む
  3. 10秒間で息を吐き出す
  4. 1分後に結果を表示
一酸化窒素検査手順例

日本人の呼気一酸化窒素濃度正常値

正常値は15ppbです。22ppb以上なら、喘息の可能性が高く、37ppb以上なら、喘息と診断できます。一酸化窒素が高値なら、ステロイドの吸入が有効であり、治療の必要性が生じます。
適切な治療で、一酸化窒素が低下する為、治療効果の判定や薬の増減に役立ちます。

喘息・咳喘息の治療

通常の風邪薬や抗生物質、咳止めは効きません。
吸入ステロイド薬や気管支拡張薬が効果があり、特に咳喘息は気管支喘息へ移行する可能性を軽減できます。


初診・再診の方 予約受付のご案内

再診ネット予約

初診ネット予約