耳鼻咽喉科たかじょうクリニック
たかじょうクリニックTOPページへ

たかじょうクリニック7つの特徴
院長からのご挨拶
スタッフ紹介
院内ツアー
たかじょう活動報告
毎年花粉症でお悩みの方へ
たかじょうスマイルクラブ
最強接遇への道
環境保護への取り組み
お悩み解決
アクセス・診療時間

患者様からの声<一般診療編>
患者様からの声<レーザー診療編>
患者様からのよくある質問

ボランティア活動
日本舞踊
マジック
それ以外の趣味



 ■病  名
 ・中耳炎
 ・外耳炎
 ・めまい
 ・突発性難聴 
 ・アレルギー性鼻炎
 ・花粉症
 ・ちくのう症(副鼻腔炎)
 ・嗅覚障害
 ・鼻出血
 ・かぜ
 ・喉頭炎
 ・扁桃炎
 ・味覚障害など

中耳炎に関する症状




      風邪をひいて耳がとても痛くなった
      鼓膜が赤く腫れている
      強い耳の痛みの後、耳だれが出てきた
      聞こえにくく、耳だれも長く繰り返して続いている


 
 乳幼児の70〜80%が一度はかかります。カゼなどが原因となり、鼓膜の奥に細菌・ウイルスが入り、急性の
 炎症がおきてウミがたまる病気で、一般の方が思われているような耳の外から水や菌が入って急性中耳炎に
 なることはめったにありません。耳の痛み、発熱、耳がつまった感じなどがおこります。

 
 鼓膜の奥に液体がたまる中耳炎です。液体がたまると、鼓膜やその周辺の骨の動きが悪くなり、外からの音が
 鼓膜から伝わりにくくなり、そのために、聞こえが悪くなります。
 昔は少なかった病気で生活習慣が関わっている場合があります。
 急性をしっかり治療しなかった場合や、アレルギー性鼻炎、ちくのう症の影響もあります。

 
 急性中耳炎が悪化して放置したり、治療せずにひどくなり、本来自然に閉じるはずの鼓膜に空いた穴が閉じなく
 なって、そこから耳だれが出ている状態です。難聴や耳鳴りが起こる場合もあります。

 
 
 ごく軽い場合は、痛み止めを処方し、治るケースが多いです。
 中程度の症状であれば抗生物質を投与する場合もあります。熱が下がらない場合、鼓膜が膨瑠している場合は
 鼓膜にすこし穴をあけ、膿(ウミ)を外に出して回復を促す場合があります。(鼓膜の切開は院内で行ないます。)
 ただし、切開するとお子さんは恐怖心を抱く場合があるので、なるべく避けるようにしています。鼓膜に穴を開け
 なくても済むように、しっかりと治療をしてゆきましょう。

 
 軽いケースの場合は耳管と呼ばれる鼻と耳をつなぐ管に空気を通す通気治療と鼻の処置で治療を行なって
 いきます。
 症状が中程度より重い場合には、ある程度の聞き分けのあるお子様以上であれば鼓膜に少し穴を開ける
 鼓膜切開を行い、鼓膜の内側に溜まった液を排出させる場合があります。
 また、症状が重い場合は状況に応じて、鼓膜にチューブを挿入し、換気を促す処置を行います。院内でもこの
 処置は可能ですが、お子さんには安全の為、病院に依頼するケースもあります。

 
 年齢や本人のご希望・ウミの状況を見ながら、院内で治療を続けるか病院を紹介するかを判断します。
 ただし、慢性中耳炎の治療はしっかりと頻度を守った中長期の通院が必要になります。また、状況に応じて
 手術が必要になる場合があります。

当院12の特徴院長からのご挨拶スタッフ紹介院内ツアーたかじょう活動報告花粉症お悩み解決アクセス・診療時間
患者様からの声(一般)患者様からの声(レーザー)よくある質問ボランティア活動日本舞踊手品それ以外の趣味
福岡県北九州市戸畑にある耳鼻科、耳鼻咽喉科たかじょうクリニックには、戸畑区以外にも
小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区、若松区、遠賀郡からも患者様がお越しになります。
私たちスタッフは常に患者さまの目線にたった丁寧で親切な耳鼻咽喉科を心がけております。

耳鼻咽喉科 たかじょうクリニック
福岡県北九州市戸畑区天神1−12−6
Copyright (C) 2008 takajo-clinic. All Rights Reserved.
当院までのマップ